o0480033713856011421.jpg

『小比類巻貴之コラム』vol.2 絵の意味。

去年から、絵を描いています。
突然、描きたくなりました。

亡くなった姉を思い出し、、、
去年から突然絵を描きはじめました。

姉は、僕の1番のファンでした。

姉は、青森の田舎から東京に18才で上京した。

油絵を小さな頃から毎日描いていた双子の姉は、2人で、東京で個展をやる!
その夢を抱えて、僕が中学生の頃に上京した。

今でも覚えている。
毎日、姉の部屋は、油絵の臭いで充満し、ストーブで絵を乾かし、家には沢山の絵が置いてあった。

そんな、姉は沢山の賞に入選し、新聞にも載っていた。

姉は絵が信じられないくらい上手かった!

絵の上手さは、僕の自慢だった。

学生の頃、空手で東京に上京する度に応援に駆けつけてくれた。

そして、デビューし

チャンピオンと戦う頃には

姉は、僕のファンクラブを立ち上げてくれた。

身内の応援が多かったが、

姉が、僕に関わるようになっていった。

仕事も辞め、本格的に僕に関わる頃には、絵を描く事は辞めていた。

僕の事を一日中考える生活になっていたと思う。

沢山、喧嘩もして、沢山ミーティングもして。

あの頃は本当に辛かった。。

2007年から勝てなくなった僕がいた。。

2009年、K-1日本チャンピオンに返り咲いた。

翌日、姉が会見に来ていた。

そこで、伝えられたのが

『乳がんになってるみたい、、、もう、末期だって、、、』

笑顔も、言葉も出ず、、、。

そのまま、取材に移動した。

複雑だった。

そのあと、医師に家族呼び出された。

下を向きながら、
『残念ながら、、半年持ちません、、、』

どうすることも出来なかった。。

家族で励まし、頑張ってる姿を応援するしかなかった。。

姉は地元の病院で命を引き取った。。

最後に伝えた言葉は

『ありがとう。本当にありがとう』

これしか言えず、ずっとずっと

俺は後悔する。

何にも出来ず俺は、必ず後悔する。

年を重ねる毎に、俺は姉に何も出来ず、後悔する!

それが、ずっと1番心に残ったままだった。。

去年の夏、寝れない日があった。

姉の顔を思い浮かべていた。。

姉のblogを探した。

姉が一生懸命生きた、その当時書いてたblogにそっと、メッセージを書いた。

感謝の心をそのまま言えなかった言葉を

長々と、思いを込めて書いた。

あれから、突然、、絵を描きたい。

そう思った。

絵は小学生2年の時に、『ひまわり』
を描いて入賞した以来、描いてない。

姉の個展を開く発言から、、

何年も経ったが、、

今年、

僕の描く絵と

姉の描いた絵を探し出し

個展を開こうと思います。。

場所は、豊洲にある

ガン患者を守る施設

『マギーズ東京』

で行いたいと思います。

もっと、ガンの事を知っていれば

悩みも聞いてあげてたら、、、

そんな思いを込めて。。。

1番やっぱり悲しんだのは、、

おふくろだよな。。。

だから、

お袋の誕生日月に

4月30日

その辺りで、予定しています。

まだまだ作品が必要ですが。

間に合うように描いて行きたいと思います。

気持ち、魂、思い、感謝、沢山の思いを込めて

『俺が描きたい!』

と、思える

自分の人生に関わる絵を

意味ある絵を描きたいと思います。

Leave a Reply